土地活用

無知は怖い!?土地活用に関しての基本的な知識を持って正しい土地活用を

    

「わからなかったから専門家に任せっきりにしていたらいつの間にか大きな損害が発生していた…」土地活用に限らず無知というものは怖いもので、わからないからと言って相手の言葉を鵜呑みにすると思わぬ失敗をすることがあります。土地は大きな資産です。

正しい知識を持って自分自身で資産について運用できるようにすることが大切です。

無知は怖い!?土地活用に関しての基本的な知識を持って正しい土地活用を

■昔は土地活用の失敗が多かった!?
土地活用に関しての知識を十分持っているという人は多くはありません。それは昔も今も変わらないことですが、昔は相談できる人が多くないので地元の不動産屋などに任せっきりにするしか方法はありませんでした。その結果、土地活用に失敗し、収益を得るどころか維持費がかさんでしまうという失敗に陥ることもよくありました。

準拠=土地活用 http://www.kenyonpowerboats.com/

例えば、ファミリー層が多く住んでいる地域であるにもかかわらず、単身者用のアパートを建てて土地活用しようとし、入居者が集まらないという問題に直面してしまうなどといった具合です。

■そんな背景から「土地活用プランナー」が登場
そんな背景から東京共同住宅協会が創設した「土地活用プランナー」という資格の需要が高まっています。その名の通り土地活用のプロであるという資格です。2日、もしくは1日養成講座を受けて認定試験に合格することで名乗ることができるようになる資格で、土地活用に関する法律、権利、マーケティング、プランニングなどの様々な専門知識を学びます。

不動産屋に勤務している人がスキルアップのために取得する場合もありますが、土地活用を考えている地主自身が知識を身につけるためにこの資格を取得するという場合もあります。どちらにしてもこれから必要とされる資格であることは間違いないでしょう。

■知識を持つことは自分を守ること
知識を持つことで自分自身を守ることができます。逆に言えば、知識がなければ土地活用に失敗しても文句は言えません。まずは基本的な知識だけでも持っておくことが大切なのです。もし、資格を取るほどの時間がないという人は、土地活用セミナーというものを多くの都市で開催していますので、それに参加してみると良いでしょう。

無料相談も行っているのでまずは気になることを聞いてみるつもりで構いません。それだけでも自分自身の土地について考えることになりますし、その後相談に行っても相手の話を鵜呑みにしてしまうということは減るでしょう。

■準備ができたら早速相談してみよう
知識が身に着いたら早速相談に行ってみましょう。地元の不動産屋でもいいですし、土地活用を専門に行っている不動産屋でも構いません。問題は、冷静に話を聞いて即決しないこと。その地域のニーズをきちんと読み取っている不動産屋でないと正しい土地活用は難しいです。

最大限の収益を上げたいのであれば、一定期間をかけて様々な機関に相談して、多方面から選択肢を考えるということが必要になります。

■長期的な経営計画を立てて運営すること
土地活用には長期的な経営計画が必須です。駐車場などは車の利用が極端に少ない場合、更地にすることも比較的簡単ですが、アパートやマンションを建てて経営する場合は上手くいかなかったからと言ってすぐに更地にしてやり直すということは難しいです。

本当にその活用法で間違いないのかどうかを良く見極めてから決めるためにも、経営計画を立ててどれくらいの期間でかけた金額を回収していくのか、どの程度の入居率があれば経営として成り立つのかなどよく検討することが大切なのです。